家具の転倒を防止する道具

  • 家具の転倒を防止する道具

    • わが国では自然災害が起こることも決して少ないとは言えません。

      そのため、前もって安全対策をとっておくことはとても重要です。

      例えば、室内であれば大きな家具の転倒を防止できる措置をとっておくべきです。

      花の装飾の情報はすぐに役立ちます。

      転倒防止をきちんとしておけば、ケガをしたり、亡くなってしまったりする可能性も少し低くなるからです。

      今は様々な家具の転倒防止をするための道具があります。

      その中の一つに強力な粘着体によって家具を壁面に固定しておけるものがあります。
      こちらは家具の上部を固定しておくタイプのものです。つり革をヒントにして作られました。


      シールタイプですので壁に穴を開けなくていいですし、震度7の地震が起きても転倒しないことが確認されています。

      さらに壁などにノリの跡が残らないので汚れません。なんといっても水で洗って乾かすだけで粘着力が元に戻り、何度でも使えるというのが良いのです。また使い方も簡単ですから女性や高齢者の方でも手軽です。



      しかも家具の大きさによってサイズも豊富にあるので、それぞれの家具に合わせて購入しておくのがベストです。さらに簡単にできるものもあります。
      それはゲルタイプのマットです。


      こちらも震度7相当の揺れにもびくともせずに固定されたままでいた優秀な家具転倒防止のための道具です。



      大きさによってハサミで切って調整できる他、水で洗ってよく乾かすことで再利用も可能です。



      粘着面も跡が残りませんし、べたつきません。
      家具はもちろん家電や小物などの固定にも使えます。



      こういう粘着タイプの他にもつっぱり棒やプレートタイプのようなものもあります。

      http://m3q.jp/t/1977

      地震だけではなく、猫を飼っている場合でも遊んでいる内に倒してしまってケガをするといったことがないように予防措置として設置しておくのがおすすめです。

      http://tsutaya.tsite.jp/item/movie/PTA00007YFI7

      壁に穴をあけて固定するのには抵抗を感じる方でもこういうものを使って防止できますので、大いに活用してください。

      ゲルタイプは数枚入って500円ほどから販売されていますからお求めやすいです。
      ゆったりと座れる家具といえば、ソファがその代表的な家具です。


      このソファには、様々なタイプがあります。

      肘掛けの無いアームレスソファ、肘掛けのあるアームソファ、横になるために座面が広くなったものもあるカウチソファ、背もたれの角度を細かく調節出来るリクライニングソファ、部屋の角にソファを配置する場合に適したコーナーソファ、脚が無く背が低いため部屋を広々と見せられるローソファなどがあります。
      このような家具を選ぶ場合は、ソファを使う人の生活スタイルや体格に合ったものを選ぶことが大切です。

      ソファを種類で選ぶ以外にも、ソファに使われている素材で選ぶ方法もあります。
      ソファは、長時間身体を預ける家具です。

      そのため、ソファに使われている素材の質感にも着目して選ぶと良いです。
      また、ソファが汚れた場合に手入れしやすい素材であるかどうかで選ぶ方法もあります。ソファに使われている主な素材には、ファブリックや合成皮革などがあります。ファブリックは、布製であるため、肌触りが良いものが多くあります。

      また、夏は涼しく冬は暖かい使い心地であるため、一年を通して使うことが出来ます。


      合成皮革は、ビニールレザーとも呼ばれ、一般的に値段が安いものが多くあります。
      また、汚れが付いた場合、取り除きやすいことが特長です。

      http://chiebukuro.yahoo.co.jp/tag/tags.php?tag=%E8%96%84%E3%81%84%E6%95%B7%E3%81%8D%E5%B8%83%E5%9B%A3

      ソファの脚の長さで選ぶ方法もあります。


      ソファは一般的に背の低い家具ですが、ソファの脚の長さによって受ける印象が変わってきます。
      脚が長いソファの場合、長いほど軽やかな雰囲気があり、圧迫感をあまり受けなくなります。


      脚が短い、あるいは無いソファの場合、どっしりと構えている雰囲気があるため、安心感や安定感があります。
      ソファとリビングテーブルをセットで使う場合は、それぞれの脚の素材を同じにすることがポイントです。
      例えば、ソファの脚が木製の場合は、リビングテーブルの脚も木製にすると統一感を持たせることが出来ます。

      このようにソファを選ぶ時には、生活スタイルや使う人の体格、肌触り、手入れのしやすさ、見た目から受ける雰囲気、その部屋にある他の家具のことなどを考慮して選ぶようにします。

  • 関連リンク

    • どんな人にとっても生きていくためには生活していかなければならないですが、生活をすることが困難な人たちも少なからず存在しています。しかし、そのような人たちでも生活していくためには家具が必要になることがあります。...

    • 子供がいる家庭や一人で暮らしている場合選ぶ家具は全く違うものになります。一人暮らしの場合は、自分が気に入るデザインかどうかや値段が家具の購入を判断するポイントになります。...