• 飲食店でポスレジを導入するメリット

    ポスレジは現在多くの小売店や飲食店に導入されています。

    飲食店のポスレジに関する情報を提供中です。

    posは日本語では販売時点情報管理と訳され経営者に様々なメリットをもたらします。多くの飲食店では人手不足にお悩みだと思います。

    業務は複雑で習熟度を要求されることから、人材の教育育成・囲い込みは経営者にとって大きな課題です。
    しかしポスレジを導入すれば業務が画一化されベテランスタッフでなくても一定のレベルの接客が可能になってきます。

    よりシンプルさを追求したYahoo!ニュースに興味ある方、必見です。

    飲食店においてはオーダーミスは経費増加になるだけではなく、お客様の満足度低下にも繋がってきます。
    ポスレジでは業務を見える化するのでこのようなミスの発生が軽減されます。


    この結果、お店の評価が向上していきます。


    販売情報管理合わせて在庫管理も行うことから在庫切れによる機会ロスの発生が防げることから、売上向上に寄与します。
    ポスレジはセキュリティー面の向上にも役立ちます。



    いつ誰がどのような業務を行なったのかが把握できるため従業員の不正防止に役立ちます。
    そして経営者にとっての最大のメリットですが、ポスレジの導入によって、商品がいつどのように誰に売れたのかがデーターで把握できるようになります。

    これにより新しい商品の開発、死に筋商品の把握、季節ごとの動向、どの商品とどの商品の抱き合わせ販売が多いかといった情報が目に見えるようになります。


    多店舗展開している場合は店舗ごとの傾向も把握できるようになります。

    これにより経営の効率化が測れるようになります。