• POSレジを導入する飲食店が増えています

    POSレジの「POS」は「point-of-sale」の略語、日本語に直すと販売時点情報管理などの意味を持ちます。
    従来、POSレジはスーパーなどのお店で使われ始めたレジシステムで、スーパーなどの場合は商品一つずつバーコードを取り付ける事で、専用のバーコードリーダーで読み取りが可能になります。

    飲食店のPOSレジに出会えて満足です。

    バーコードリーダーで読み取った情報は、データベース内で検索を行う、価格情報を取り出してレシートに印字を行う事が出来るようになるわけです。


    スーパーなどのお店で販売している商品の中には値下げを行うなどの商品も含まれているため、商品に付いているバーコードはお店の中で使用する商品番号などの情報であり、価格などについてはシステムの中に構築が行われているデータベースで管理を行います。
    これにより、商品に価格の情報を入れずに済むため、値段を下げる時などはデータベースの情報だけを変更すれば良い事になります。
    最近は、飲食店でもPOSレジを導入するお店が多くなっています。

    目的別の朝日新聞デジタルに関する疑問が解決できます。

    飲食店の場合はバーコードで読み取るシステムではなく、専用端末を使い、メニューを構築する、従業員はお客さんからのオーダーに対してメニュー上で料理を選ぶ事で、リアルタイムに情報がPOSレジシステムの本体に送信されるため、お客さんが会計をする時には既に会計処理が完了しているなどのメリットに繋がります。

    飲食店の中でも居酒屋店やファミリーレストランなどでPOSレジシステムが普及しています。