• 飲食店でもポスシステムが必要になる理由

    最近は飲食店でもポスシステムを導入するところが増えてきています。
    それは、それだけこのシステムが有効に機能するからです。
    最近は特に情報化社会でネットを利用して多くの情報が流れるようになっているので、人々の行動がこの情報に左右されやすいという特徴があります。

    この特徴を数字として認識できるようになるのがこのポスシステムの大事なところです。



    飲食店のようなサービス業はこれまでなかなか消費者の動向を認識することができませんでした。

    なんとなく、こんなサービスがいいのではないかと思うことがあっても、それが数字のような形で明確に出来ませんでしたから、なかなかそのサービスをすることが出来なかったわけです。

    goo ニュース情報を、皆様へ配信するサイトです。

    ですが、ポスシステムを導入すると、実にさまざまなデータが数字というはっきりとした結果として認識できるようになります。

    これは飲食店のようなサービス業でもいえることなので、これによってお店のサービス内容や改善点などを検討しやすくなることにつながるわけです。そして、改善をしたときにはその効果の確認にもこのデータは使えることになります。

    改善がうまくいけばこの数字は当然良くなる方向に変わっていきますし、うまくいかなければ数字は変わらない、場合によっては意図しない方向に変わることもあります。

    ポスシステムは従業員の意識を統一することにも使えます。

    明確な目標を数字で設定することも出来るのでモチベーションアップにも使えますから、これを使うことのメリットは大きなものがあるわけです。



  • 意外な真実

    • POSレジの導入を飲食店がすべき理由はこれによって集客力が大きく変わるからです。特に今はお客さんはネットなどの情報によって左右される時代です。...

  • 納得の情報

    • POSレジの「POS」は「point-of-sale」の略語、日本語に直すと販売時点情報管理などの意味を持ちます。従来、POSレジはスーパーなどのお店で使われ始めたレジシステムで、スーパーなどの場合は商品一つずつバーコードを取り付ける事で、専用のバーコードリーダーで読み取りが可能になります。...

  • 身になる知識

    • ポスレジを飲食店で導入することは、スーパー・コンビニ・ドラッグストアなどの小売業者が導入するのに匹敵するほどの優れたメリットが存在します。まず店員のレジ締めの作業を軽減することができること、まだオーダーエントリーのシステム導入により、金額の打ち込み作業が存在しないことです。...

  • 企業の特徴紹介

    • ポスレジは現在多くの小売店や飲食店に導入されています。posは日本語では販売時点情報管理と訳され経営者に様々なメリットをもたらします。...